2018年産小麦の栽培風景【前編】をお届けします。

村山うどんの会では会の設立より12年間、「小麦増産プロジェクト」と銘打ち、武蔵村山産小麦の増産を目指した活動を続けています。

村山うどんの会の活動を支え続けてくださっている石川園農園主の石川さんと、昨年から着任した専任担当者が中心となって農作業に取り組み、会員店による援農会や会員を交えた季節イベントなども交えつつ小麦作りの様子をお伝えしていきますので、今年度も本プロジェクトへのご協力とご声援をどうぞよろしくお願いいたします!

中原借用地整地

 

2017.8.6
いよいよ2018年産小麦栽培の準備が始まりました!
小麦増産に向けて、昨年度は同じ作付量でも収量増が見込める品種に変えましたが、今年度は合わせて増反もする事でさらに収量を上げる取り組みを進めて行きます。

ということで、従来耕作してきた中原の畑の隣の休耕地を借用し、合わせて3反の畑で小麦を作っていくことになりました。
長く使われていなかった土地は除草をはじめ数々の作業を行なわないと農地として活用するに至らないため、石や木の枝などを取り除き、トラクターで耕耘します。

中原借用地茶の木剪定

 



2017.9.3
整地に続いて、畑の効率的利用の妨げとなる、畑内部にはみ出していた茶の木を地主さんの了解を得て剪定しました。

牛糞散布および手作業による牛糞粉砕

 

 

2017.9.18
畑のベースとなる肥料を投入!
畑に満遍なく広げた後、塊になっている部分は手作業にて粉砕しました。村山うどんの会会長も駆け付けてくれて、とても大変な作業でしたが3人でなんとかやり切ることができました。
会長、ありがとうございました!
石川さんも近い将来機械化して行きたいとおっしゃっるほどの大変な作業でした…(*_*;

中原借用地耕耘

 

2017.9.19
前日に満遍なく広げて粉砕した牛糞を、トラクターで耕耘する事で土に馴染ませて行きます。

今後の増産計画書を作成



2017.10.5
増反に際して、行政機関を通し農地を借りるための準備をすすめています。
石川さんが改めて認定農業者の申請を行うことをお申し出下さり、これは今後何年間もの長期に渡って小麦増産に向けた取り組みを続けていくための大きな足掛かりとなることなので、村山うどんの会としてとても有難いことです!

今年度を含めた5ヶ年の計画を立てて認定農業者の申請をするので、必要となる手配や工程、種や肥料、農業機械、従事者など様々な側面からの検討を行い、書類にまとめました。
といってもまとめたのは石川さんで、僕はまた新しいことをいろいろ教えていただきました。
これで今後もさらに増反ができれば、畑が増えることでより多くの援農が欠かせなくなるので、小麦とうどんと武蔵村山を愛する皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


−−−−−−−−−−−−−−−

2018年産小麦の栽培レポートは随時更新していきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!



HOME > 活動報告 > 小麦増産プロジェクト > 2018年産活動報告【前編】


HOME お問い合わせ