2018年産小麦の栽培レポート【後編】をお届けします。

麦踏み第1回

 

2018.1.7
新年明けましておめでとうございます!
年末に試運転を済ませていたローラーで第1回目の麦踏みをおこないました。
昨年は2反の畑を2日がかりで行った麦踏みも、午後から始めて約3時間程で終えることが出来ました!
機械化によりかなり効率が上がり体力的にも負担が軽減され今後の増反の際にも有効な事が実感できました(^o^)/
忙しい中、当会の会長も駆けつけて下さり援農下さいました!志々田会長お疲れ様でした!!

会員援農会・麦踏み第2回

 

 

 

2018.2.25
年明け早々に行った麦踏みに続き第2回目の麦踏みを会員の皆さんと共に行いました!(^o^)
本来であればもう少し早いタイミングで行う予定でしたが、天候に恵まれず予定より遅れての麦踏みとなりました。

前回ローラーを導入し効率化しましたが、会員の皆さんに古式豊かな作業を体験して頂きました。
麦踏みをしながらの除草作業は思いの外キツイ作業で、参加された皆さんは口を揃えてこんなに大変だとは思わなかったとおっしゃってました。
しかし、この様な地道な作業の積み重ねが大きな実りに繋がることを体験していただけたのではないかと思います。

うどんの会では、郷土料理であるうどんを通じて武蔵村山を発信する取り組みをしておりますが、そもそも郷土料理となるキッカケとなった小麦栽培も守ることで、風土も後世に伝えていけたらと取り組んでおります。
今後は会員以外の方にも体験していただける機会を企画し、市内外の方々に武蔵村山を知っていただけたらと考えております。
その際には、沢山の方のご参加をお待ちしております(^o^)/

ちょっと番外編ですが、小麦畑の片隅にジャガイモの植え付けも行いました。
こちらは援農下さった方にいずれ振る舞うために農園主の石川さんのお心遣いによるものです。
小麦作りを守り続けて下さってる事に加えそれ以外の事にも心を配って下さる石川さんのお姿には頭が下がります!

−−−−−−−−−−−−−−−

小麦栽培は5-6月頃に収穫し、それから脱穀・乾燥・唐箕がけ・熟成などの工程を経て晩夏頃に小麦粉として市場に出るまで続きます。
今後も随時レポートをアップしていきますので、どうぞお楽しみに!

↓↓↓ 2018年産小麦のここまでのレポートはこちらから ↓↓↓
小麦増産プロジェクト/2018年産活動報告【前編】


HOME > 活動報告 > 小麦増産プロジェクト > 2018年産活動報告【後編】


HOME お問い合わせ