2019年産小麦の栽培レポートをお届けします。

村山うどんの会では会の設立より13年間、「小麦増産プロジェクト」と銘打ち、武蔵村山産小麦の増産を目指した活動を続けています。
今年は過去最大となる5反を作付けし、予定通りの収量が採れれば、会創設からの悲願であった「会員店による通年での武蔵村山産小麦配合うどんの提供」が実現します。

村山うどんの会の活動を支え続けてくださっている石川園農園主の石川さんと、今や村山うどんの会の小麦栽培になくてはならない石川さんの右腕、小麦増産プロジェクトリーダーが中心となって農作業に取り組み、会員店による援農会や会員を交えた季節イベントなども交えつつ小麦作りの様子をお伝えしていきますので、今年度も本プロジェクトへのご協力とご声援をどうぞよろしくお願いいたします!

播種準備〜厩肥(牛糞堆肥)の散布

2018.10.10
2019年産小麦の播種(種蒔き)準備が始まりました。
牛糞堆肥(正式には厩肥)の散布を開始し、この日は小山に分配まで。これから牛糞堆肥の塊を鉈で砕き細かくしつつ、均して苦土石灰を散布深耕します。
この牛糞を入れる作業は心身ともに大変で・・理由はお察しのとおりです(^-^;
その他、うつぎや畦畔茶(風よけ)の刈り込み、防鳥網取り付け棒の除去等を行いました。




播種準備〜続き(苦土石灰・ようりん散布、トラクターで深耕)

2018.10.21
5反ともなると準備も1日では終わらず、数日に分けて堆肥散布の続き。ここは手作業も多いのでちょっと大変です。
この日は村山うどんの会継承研究所の副会長と手打ちうどん講師のふたりが援農に参加。石川農園主、小麦増産プロジェクトリーダーと4人で作業にあたりました。
特別企画のイベントでなくてもこうして畑に足を運び、援農に携わってくれるメンバーがいるってありがたく、本当にすてきなことです(*^-^*)

 


基肥入れ

2018.10.29
事前に満遍なく広げて粉砕した牛糞をトラクターで耕耘する事で土に馴染ませ、基肥を入れていきます。石川さんがひとりで、五つの圃場全ての基肥の散布と、ローラーでの整地と鎮圧を行ってくださいました。

ローラーでの鎮圧は昨年から導入した工程なのですが、これが効果絶大で☆
耕耘した畑にローラーをかけて土を鎮圧することで種を撒く地面内の深さが均一になり、生育が安定するとともに収穫作業の精度もあがるのです。
もともと増反後の麦踏みを効率化するために導入したローラーですが、ここでも大活躍!

播種準備はここからもまだ、縄ずり(播種のライン付け)の準備、種もみ、もみ消毒、播種機の整備等の作業があります。
播種はとても大事な工程。今年は会員店が援農してくれる予定なので、スムーズに進むといいなと思います(^_-)


播種(会員店援農会)

 

 

 

 

2018.11.12
小麦の種を撒き、いよいよ小麦栽培の新しい年度が本格スタートしました!
今年度は昨年度の3反から大幅な増反を行い、当会としては未踏の5反を作付けするので、会員うどん店による援農会も回数を増やしての村山うどんの会小麦栽培となります。

5反になると一気に景色が変わります。
いままで1日で終えられた作業が従来の体制では1日で済まなくなるし、もう絶対的に「全て手作業で」とはいかず、あらゆる工程で機械化が必要となります。それも、メンバーの分業によって作業を効率化するために、物によっては複数台欲しくなる。昨年は収穫援農のためにコンバインを1台増設しましたが、今年はシーダーも1台増設しました。

ということでこの日は一休、村山満月うどん、笑乃讃、青柳、翔の大将・女将たちが定休日を利用して畑に出動☆
農園主の石川さんが事前に整地を行っておいてくださった畑に「縄ずり」をしてライン付けをしたら、シーダー(種蒔き機)で種を撒いていきます。

作付けするのは今年も農林61号。
さらなる品質向上に向けて石川さんが外部からの営農指導を受けつつ研究を重ね、今年は例年よりすこし遅め(昨年より10日遅い)の種蒔きです。
小麦栽培の超ベテランでありながら、「これでいいや」と毎年同じことを繰り返すのではなく、常に上を目指して研鑽を怠らない石川さん、ほんとうにすごい方です。

みんなで石川さんから操縦方法を教わった後、さっそく作業開始。
初めてなので2人1組になり、1人はシーダーを操縦、1人は種がちゃんと落ちているか(詰まることがあるのです)、ラインが曲がっていないかを確認しながら畑の中を何度も往復。
しかしここはすっかり畑に慣れ、これまでに農業機械の扱いを鍛錬してきた会員店さんたち。シーダーの操縦もあっという間にコツを体得し、作業はスムーズに進みます。
畑によっては整地から日が経って雑草がたくさん生えている所もあり、手作業で除草しながらの種蒔きでしたが、無事1日で予定の作業を完了することができました。みんなでやれば早い!

そして今年度の新たなトピックス。おそろいの援農ユニフォームを新調しました!
重労働の畑作業もにぎやかに楽しもう!ということで色は自由チョイスにした結果・・見事バラバラ(笑)の、個性あふれる援農チームとなりました(^_-)-☆
色とりどり華やかなツナギを着て気分もアゲアゲ、今年度も武蔵村山産小麦の増産に向けてメンバー一同がんばって参ります!!


出芽!

 

2018.11.22
種撒きから10日、一部の畑で芽が出ました!
出芽が遅れている圃場もありますが 地温や日照の影響と思われるものの発芽はしているようなので大きな問題はないと思われます。
まだまだ小さな芽だけれど、姿が見えると小麦の生命力を感じて「こんにちは!今年もよろしくね!!」とうれしくなります(*^-^*)


生育状況の観察

 

2018.11.27
出芽きから5日、リーダーから畑の写真が届きました!
出芽してすぐはよく目をこらさないとわからないほどでしたが、たった5日でぐんぐん伸びて、小さな小麦たちが整列している様子はもうすっかり畑です(^_-)-☆



−−−−−−−−−−−−−−−

2019年産小麦の栽培が始まりました!
今年度は当会としては未踏の5反作付けに挑戦する村山うどんの会。
これまでの小麦増産活動で培ったノウハウとチームワークで取り組む、今後の小麦増産レポートをお楽しみに(^_-)b

↓↓↓ 小麦栽培の1年が分かる!2018年産小麦レポートはこちらから ↓↓↓
小麦増産プロジェクト/2018年産活動報告【前編】
小麦増産プロジェクト/2018年産活動報告【後編】


HOME > 活動報告 > 小麦増産プロジェクト > 2019年産活動報告


HOME お問い合わせ